住宅関連の勉強をするには

残念ながら、一般の住宅の中を見るチャンスはあまりありません。住空間の手本は、店舗などに比べると極端に減ってきます。
そこで、住宅建築やインテリア関連のカラーコーディネーターを目指している人は、一般に公開されている建築物や住宅展示場、モデルルームを、できるだけたくさん見学していくことをおすすめします。マンションの一般公開期限は限られているので、少しでも興味のある物件は見逃さないように注意してください。
またほかには、住空間ではありませんが、ホテルは外観も内観も参考にしたいものがたくさん詰まっています。宿泊しなくても、ラウンジやティールームなどを利用して、ゆったりとした気分で色の使われ方を味わうというのもおすすめです。きっと日常では感じることのなかった世界を感じられると思いますよ!

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク