いろいろな着こなし

世界の目から見ると、日本人は「オン」と「オフ」の服装にあまり違いが見られないように思います。
休日の街を歩いている人たちを見てみても、出勤のときの服装とあまり変わらないような人も多いようです。皆さん同じように小ぎれなのですが、オンとオフのスタイルのバリエーションが狭いように感じます。
欧米では、仕事のときと休日では服装はまったくといっていいほど違います。ビジネスシーンでは、ビシッときめて外見からも仕事ができる雰囲気をつくりあげます。反対に、パーティーなどの華やかな席では、おもいっきりめかしこんでオシャレを楽しみます。そして休日は、力を入れずラフな格好で過ごします。
好みはそれぞれあると思いますが、バリエーションを増やすという考えで、あなたも休日は違ったテイストの服装や髪型で過ごしてみてはいかかですか?
また、あらたまった席や、華やかな披露宴、パーティーで、とってつけたような格好の方を見かけますが、さまざまなシチュエーションにあったあなたらしい素敵な着こなしができるよう、普段からトライしていきましょう。着こなしのうまさも、カラーコーディネーターにはとても大事な要素のひとつです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク