色は光で感じる

色があるところには必ず光があります。それを逆に考えてみると、暗闇のなかでは色を見ることができないのか?という疑問が生まれてきます。これはどうしてなのでしょう。
その答えは・・・色を感じるということは、光が人間の目に入ることで、はじめて感じることができる。ということなのです。
色を感じさせる光は、その光の波長によって分けることができます。
波長の違い:「赤」「橙(だいだい)」「黄」「緑」「青」「藍」「青紫」
これをイメージするのに最適なのは、空にかかる虹がいいですね。
ちょっと難しい話になってきますが、
赤いりんごは、なぜ赤く見えると思いますか?
太陽の光や電球などの光がりんごにあたると、りんごから反射された光線(さっきいっていた光の波長です。)だけが人間の目に到達します。
りんごから反射された光線は、眼球の奥にある網膜というところで受け止められて脳に伝達されることで、色を感じるのです。
「赤いりんご」というのは、赤い波長の光線だけを反射するので‘赤く’見えるのです。
このようにして、私たちの脳はまず物理的に色を認識しますが、まったく同じ色を見ているのにその時々で違って見えたり、暖かい、冷たい、心地よい、不快といったように感じる心理的な現象も加わってきます。
私たちは、日常にあふれている色からさまざまな感情やイメージを受けとっています。
*心理的な現象で色の見え方が変わってくることについては、「色彩心理」で詳しく説明したいと思います。
こうした「色彩心理」を応用したり、目的に応じて最適な色や配色を日常生活の中に提案していくこと。
これがカラーコーディネーターの仕事になります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク