色の三属性とは

目に見えるすべての色は、3つの要素「色相」「明度」「彩度」で成り立っています。
色相:赤、黄、青という色みのことです。色合いともいいます。
その色がなにであるかということ。
色は赤い色、黄色い色、青い色というように、色み(色相)をもつ色と、色みをもたない白、灰色、黒に分かれます。
明度:同じ色みの色でも、「明るい色」とか「ちょっと暗い色」とかというように、明るさの度合いで分類することです。
彩度:同じ色み、同じ明るさの色でも、「鮮やかな色」も「くすんだ色」もあります。彩度とは、そのような色の鮮やかさで分類することです。
このように、色を成り立たせている3つの要素のことを『色の三属性』とよびます。この3つの要素は、カラーコーディネーターの仕事をしていくうえでの基本的な知識となりますので、覚えておいてください。
こうした知識はやっぱり難しい・・・。そうですよね、でもあなたがこれを知っているということは、一般の方々よりもより知識が豊富であるということですよね。ここにカラーコーディネーターとしての価値がまたまた上がるのだと思っています。より身近なものに置きかえて考えてみたりいろいろ工夫して学ぶことが必要かもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク