色の「同時対比」とは?

二つの色を組み合わせたときに、一つの色だけでは感じられなかった見え方をするときってありませんか?このように、ある色が別の色の影響によって、実際とはまた違った見え方をする不思議な現象のことを「対比」といいます。
ひとつの色なのに、まわりにくる色の影響によって違う魅力を発揮するこの現象は、日常のいろいろな場面で見ることができます。
・「色相対比」…まわりの色みに影響されて見える。
例:ピンクを中心にしたとき、まわりを青で囲むと紫がかって見えるのに対して、赤で囲むとより赤みがかって見えます。
・「明度対比」…まわりにくる色によって明るさが変わる。
例:灰色を黒の上に置いたときと、白の上に置いたときでは、白の上に置いたときの方が暗い灰色に見えるはずです。
まわりが白で明るいために、よりはっきりと灰色の暗さが強調されて見えるのです。
・「彩度対比」…まわりの色の鮮やかさによって変化する。
例:中心をピンクにして、まわりを真っ赤で囲んだときは、まわりの鮮やかさに負けて少し鈍く見えます。でも、まわりをグレーでかこむと中心のピンクはより鮮やかに見えます。
・「補色対比」…補色同士を組み合わせることによって鮮やかさを増す。
例:赤のまわりを緑で囲んでみてください。単独で赤を見たときよりも鮮やかに見えると思います。これは、赤の補色が緑だからなのです。ほかの色も補色同士を組み合わせると同じはたらきがあるので、ぜひ、ためしてみてください!
・「縁辺対比(えんぺんたいひ)」…色と色とが隣り合う部分に現れる現象。
例:下地が真っ白の上に、真っ黒の四角を、縦に3つ×横に3つで計9つを同じ幅をあけて並べたときに、白地の交差する部分に灰色の点が浮かんで見えます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク