配色をうまく使う

同じ文字を書いていても、はっきりと読みやすい場合と、なんだか読みにくいなぁと思う場合があります。この違いは、やっぱり配色の違いが大きいといえるでしょう。隣り合っている色同士の明るさの差が大きければ大きいほど、目につきやすいものになります。
この色の力をフルに活用しているのが、街にあふれる道路標識です。黄地に黒文字だったり、赤地に青文字だったり、反対に青地に赤だったり、他にも赤地に白文字、紺地に白文字というのもありますね。
教習所で勉強された方ならおわかりと思いますが、赤系統の標識、黄系統の標識、青系統の標識、それぞれでだいたいの中身がわかるようになっています。例を挙げるなら、黄系統は注意を促している。とかです。このように、目立つ色の配色と、先に頭に入れている予備知識を合わせることによって、ある程度遠くの位置からでも確認することができて、心構えをすることができるんですね。
標識の話になってしまいましたが、この色の力をうまく使うことによって、いろいろなものをたくさんの人たちの目に発信することができるのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク