カラーコーディネーター検定試験〔東京商工会議所〕を受験する

カラーコーディネーター検定試験とほかの2つの検定試験の違いは、内容が理論的な部分に重点をおいているところです。これもまたほかと同様に、検定試験を主催している東京商工会議所が発行している公式参考書を手に入れて、内容を確実に理解するようにしてください。
2級の試験は、3級の試験に出題された問題を理解したうえでの応用力を試す問題になっています。3級に合格すると「アシスタント・コーディネーター」。2級に合格すると「2級カラーコーディネーター」の称号が与えられるようになっています。
1級の試験は、この検定において大きな特徴ともいえる分野別の試験です。第1分野の「ファッション色彩」では、アパレルの現場で必要になるファッションカラーの知識にくわえて、メイクなどに関する問題も出題されます。第2分野の「商品色彩」では、商品カラーに関連する知識はもちろんですが、店舗の経営に関する色の出題が多いです。第3分野の「環境色彩」では、建築計画や環境計画といった街づくり、景観に関する出題に対応した勉強が必要です。
1級に合格すると、「1級カラーコーディネーター ○○色彩」という称号があたえられます。○○には、それぞれの分野の名称が入ります。
3級の色の知識から、1級の現場における実践的な知識を身につけることで、企業においても開発からマーケティングまで幅広く活躍することができますよ☆

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク