受験者数NO.1!!

受験者数がNO.1のこの資格は、一般的に「色彩検定」と呼ばれています。
1990年 第一回目の検定を実施。
1994年 文部省(現在の文部科学省)の認定を受け「技能検定」となる。
ただし、2006年より、国がかんよする認定制度は廃止されたので、色彩検定についても文部科学省認定ではなくなりました。
受験する資格として、年齢や学歴・職歴などの制限はいっさいありません。だれにでも、何級からでも受験する資格はありますので、現在の受験者の状況を見ても、小学生から60代以上の高齢者の方まで幅広く、学生や社会人はもちろん、主婦の方々などさまざまな層の方が受験しています。色彩検定の受験者数は年々増加していて、現在では10万人を超える受験者数NO.1の検定となっています。
試験内容は、3級、2級、1級の3段階に分かれています。また、1級は1次試験と2次試験があります。
合格率は級が上がるごとに低くなります。3級は65%を超える合格率です。2級での合格率は約52%。1級になるとさらに下がって、約31%という結果が出ています。
‘ファッション’と検定名についているだけあって、服飾をはじめとしたファッションに関係のある知識や技能が求められます。また、2005年にA・F・T発行のテキストが改定されたために、より一般的で幅広い色彩の知識・技能が求められるようになりました。
色彩検定に合格された方々は、アパレル業界や建築分野をはじめ、流通などの各種メーカー、教育関係など幅広く活躍されています。
受験者数NO.1というのも納得ですね!!

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク