色が好き

カラーコーディネーターに必要な条件として「色が好き!」ということは、最も重要だと言えるでしょう。
「色が好き」とは具体的にどういうことかというと、そんなに難しく考える必要はありません。
道端に咲いている花を見て「あぁ、この花の色はなんてキレイなのだろう。」と思ったり、「今日は友人の誕生日パーティーだからとびっきり明るい色の服を着ていこう!」と服を選んだり。こういう日常の中での些細なことに気がつくこと。これが大切なのです。
あなたがもし、新しい商品のパッケージを見て「この色はもうちょっとこうした方がいいんじゃないか?」と思ったなら、“文句なし”素質十分です!!
こういう話をしたときに、「自分は色には全然こだわりがないから関係ないなぁ。」と言われる人がいるのですが、実はそういう人の中にも意外かもしれませんが、案外色にこだわっている人がいるものなんです。自分では気付いていないだけで、その人の持ち物や周りを見わたしたら同じ色のに揃えられていたりするのです。面白いですね。そこで、「自分は、なぜこの色を選んでいたんだろう??」なんて疑問に思い出したら、もう色の魅力にはまっていくかもしれませんよ。
ちょっとした色に目が留まったりするということは、人間誰しもあることですが、もし、もっと色の力を知りたい!活かしていきたい!!と思われる方は、ぜひ一度色の本を開いてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク