「派手」な色と「地味」な色

一般的に、鮮やかで明るい色(赤や黄など)は「派手」なイメージを与えて、暗くて鈍い色(黒や茶)は「地味」な印象を与えます。
ファッションにおいては、派手な色合いを好む人と地味な色合いを好む人に分かれます。また、地域や国民性によってもこの色の好き嫌いが変化するという面白い結果も出ています。
アフリカなどの熱帯地域では、原色を使った鮮やかな衣装が見られますが、気温の低い地域では、はっきりしないあいまいで単調な色が使われることが多くて、色づかいの違いが自然環境に大きく影響を受けていることもわかります。
いちばんわかりやすい代表例としては、オリンピックなどでよく見る国旗でしょうか?国旗を見て、どのあたりの国なのか想像するのも楽しいですよ!また違う発見があるかもしれませんね★

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク