色から連想するもの

赤い色を見て想像するもの・・・太陽、りんご、ポスト。といったところでしょうか。暖かい、冷たい、柔らかい、固い、陽気、陰気、、、。色からさまざまなものをイメージします。それぞれのものからイメージするものとは、いったいどのようなものなのでしょう。
○色から連想されるもの。
赤→太陽・日の丸・非常時に使われるもの(消火器など)・いちご・もみじ・火・血・バラ など。
やっぱり、危険を知らせるものが多いようです。
黄→とうもろこし・きりん・チーズ・バナナ・カナリア・砂漠・稲妻・月。幼稚園児というのもあります。
自然にある光に関係するものがおおいです。月、星、稲妻などです。
ピンク→桜・リボン・肌・真珠・フラミンゴ・少女・花・肉 など。
日本では「さくら」という言葉で表現するものが多いですね。
緑→山・ピーマン・エメラルド・こけ・うぐいす・田園・カエル など。
自然を表現するもの(山、芝生、オアシス、田園、若葉、…)で生命力を感じるものが多いです。
青→海・空・サファイア・ジーンズ・イルカ・夏・ガラス・ガスの炎 など。
水に関係するものが多いですね。海、水、湖、波、氷、プールなどです。地球は‘青い星’と呼ばれますが、まさしく空や水関係は青いイメージがあります。
紫→ぶどう・ラベンダー・京都・香水・着物・コスモス など。
花に代表されるように、香りを感じるものが多いようです。
ラベンダー、すみれ、しそ、りんどう、あやめ、ききょう、カトレア、あじさい、藤、ライラック、コスモス、などです。
京都というキーワードからわかるように、古都のイメージを感じさせる、風呂敷、着物、源氏物語というのもあります。
白→雪・光・豆腐・牛乳・病院・ウェディングドレス・骨・消しゴム・大根・米・うさぎ など。
やっぱり医療関係のものはだいたいが想像されます。病院、白衣、シーツ、骨、歯、綿などです。
黒→喪中・海苔(のり)・からす・タイヤ・髪・夜・爆弾・墨・鉛筆の芯・石炭 など。
ちゃんと考えてみればたくさんあるのですが、どうしても喪中に代表されるように、あまりいいイメージが浮かばないことが多いようです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク