栄養士と管理栄養士

「栄養士」と聞いて私などが真っ先に思いつくのは、学校や病院などでバランスの良い食事の献立を考える役目の人!・・と単純に考えてしまいますが、実際の「栄養士」とはどのような定義に基づく職業の方々なのでしょう?
実は「栄養士」には2段階の資格があり、「栄養士」と「管理栄養士」というカテゴリーに分けられます。
まず「栄養士」の定義としては、都道府県知事の許可を受けて、栄養学に基づいたバランスの取れたメニューや調理方法を提案し、栄養の指導を行う方々をいいます。要は食生活のアドバイザーですね。
また「管理栄養士」とは、「栄養士」がワンステップ進んだ形の職務を行う人々です。
定義としては、厚生労働大臣の許可を受けて、病気やなんらかの障害をもつ人に対し、療養のために必要とする栄養指導を行ったりするのがまず1点。
2点目には、特別な配慮を必要とする大規模給食施設においての給食管理業務や労務管理などがあります。
一見して違いはよくわからないかもしれませんが、「栄養士」は主に健康な人々を対象に給食管理をするのに対し、「管理栄養士」は個人の病状に合わせた栄養指導を行えるという違いがあります。
具体的には次の通りです。
近年では、肥満や糖尿病などの生活習慣病が増加していますので、栄養指導を行う者のより専門的な知識や高度な技能が一層求められています。人間の生活が多様化している現在では、個人の食生活もそれに伴う疾病(しっぺい)も多種多様。それぞれの症状に合わせた専門的な指導が必要となるわけです。
例えば、寝たきり老人の介護に携わるには?高齢者用の栄養バランスを考慮するだけではなく、福祉の知識や経験も必要でしょう。
また、児童養護施設で必要なことは?成長期の児童に対する必要な栄養素を考慮するのはもちろんのこと、児童心理やコミュニケーション能力も大事でしょう。
そういった複合的な要素を習得し、栄養指導を行える立場の国家資格の免許を得た人が、「管理栄養士」となり得るのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク