人好きは栄養士向き

どの職業でもいえることですが、コミュニケーションは職場において必要不可欠な要素です。取引先や上司・同僚とのやり取りにおいて必要なのは、相手を思いやる気持ちです。
しかし特に栄養士の場合、相手が大人だったり子供だったり、老人や病人であることもあり、いかに相手を気遣いその人の立場を思いやるかによって成り立つ職業であるともいえます。
改善のために必要な情報(個人の栄養状態や生活習慣など)を聞き取り、その人に合わせた栄養指導をいかに上手に説くかが重要となります。もし自分の担当の栄養士さんが本当に信頼できる人だったら・・ライフスタイルから食事の好みまで、実に安心して話せますよね?
このように栄養士は豊富な知識を持つだけではなく、それを発揮できるコミュニケーション能力を合わせ持つスペシャリストであり、その人を本当に支援しようとする人間性が最も現れる職務なのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク