食事好きは栄養士向き

なんといっても、「食」に関する専門家ですから、食べることに興味のある人が一番でしょう。
実際の現場では、調理師と打ち合わせなどの上献立を決めたり、また実際一緒に作ったりということもあるので、料理の「イロハ」はもちろん熟知していなければなりません。
逆に、調理師を指導する立場にもあるので、栄養士と調理師の免許を同時に持っている人も多いようです。
また、栄養だけでなく見た目や食感、調理する際の音など食をそそる要素としてとても重要ですので、味覚だけでなく全ての五感に鋭い感性を持った人がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク