必修科目その4 栄養と健康

この科目には、私たちが五大栄養素と呼ぶ炭水化物や脂質などの基本的成分と人体との関係性を、食品や食事の面から学ぶ栄養学と、疾病者の栄養状態に合わせた栄養管理を具体的に学ぶ臨床栄養学があります。
特に栄養学の中では生命が誕生してから成人し、高齢になり死を迎えるまでの老化の過程や、その各時期に必要な栄養管理を学びます。
中でも、女子大などでは妊娠期や学童期における栄養の取り入れ方に重点を置く学校もあり、実際の生活でも役立つ栄養マネジメントを習得する内容になっています。
また臨床栄養学は医療と直接結びついた学問で、各症状にあわせた具体的な栄養管理法を学び、病院での実習のほか血圧や血糖値・皮下脂肪などの数値を計測する実験も行われています。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク