栄養士になるには

まず栄養士を目指そうとする時、一番最初に何をすればよいのでしょう?
栄養士の資格は、独学では得ることができません。まず高校卒業後、厚生労働大臣から認可された「栄養士養学校」に入学し、その過程を履修し卒業しなければなりません。
栄養士養成施設は勉強量も多く夜間部や通信教育では補いきれないこともあり、昼間の学校に限られています。ですので社会人が今から栄養士になろうとする場合は現在の職場を辞めて養成施設に入学する必要があります。
栄養士養成施設には色々な種類がありますが、2年制・3年制・4年制のそれぞれ専門学校や短大・大学があり、どの学校を卒業しても資格は同じです。
全国で206の養成施設がありますがその割合として、短期大学が7割を占めています。短期で取得できるため需要も多いのですが、4年間で学ぶべき内容を2年で集中して習得する必要があるため、在学中は大変な勉強量になることを心得ておかなればなりません。
また受験の際の出願資格は、高校卒業程度、またはそれと同等以上の学力がある者と定められています。
しかしそれ以上に大事なのは、ハードな勉学に堪え得る体力と精神力を持った人間であるということかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク