受験状況と合格率

管理栄養士の国家試験の受験者数は2004年以降2万人を超え、さらに毎年増加しています。
気になる合格率ですが、年度によって差はあるもののおおよそ15~25%で毎年約5000人が管理栄養士の資格を得ています。
合格基準は総得点の約60%といわれており難しい得点ではないように思われます。しかし、現在日本が抱える生活習慣病などの健康問題に対してより専門的な知識が求められ、その対応に適格な人材が必要とされていますので、年々合格基準が厳しくなっているようです。
しかしそんな厳しい状況の中資格を得た管理栄養士は真の「スペシャリスト」として社会で認められ、ニーズは高まる一方であるといえます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク