管理栄養士の必修科目は

管理栄養士過程での必修科目は栄養士養成課程における必修科目とほぼ同じですが、必要単位数が多くなることと、より応用的な内容の学問を修得しなければなりません。
具体的には「専門基礎分野」と「専門分野」に分類され、専門基礎分野では主に社会環境と人間の健康について、また食品の成分やその栄養面での人体への栄養についてなど栄養士としての必要最小限身に付けておくべき基礎を学びます。その内容は「社会・環境と健康」「人体の構造と機能および疾病の成り立ち」「食べ物と健康」という項目です。
また専門分野での必修科目は「基礎栄養学」「応用栄養学」「栄養教育論」「臨床栄養学」「公衆衛生学」「給食経営管理論」などの専門的な学問に加え「総合演習」「臨地実習」が必修となります。
栄養士に比べ学ぶべきことが多く、修得した知識分の能力が求められますが、実社会での活躍の場は広くなることでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク