病院の栄養士

栄養士の活躍の場は大変幅が広く、なかでも病院は病気の治療・回復を目指す患者さんの栄養指導を行うという大役を担っています。
前述したとおり、昨今での法改正によって病院での栄養指導は管理栄養士が行ったものでなければ診療報酬が支払われません。ですので、栄養指導は管理栄養士、通常の一般患者さんの給食管理は栄養士が行い、役割を分担している病院もあります。
食事療法が必要な患者さんには、食事内容の説明から始まり、時には食事の不満に耳を傾け、意見も取り入れなければなりません。患者さんの病状に合わせて逐次食事メニューを作る必要がありますので、医学にも精通していることが大事です。
また、周りに糖尿病などで通院されている方はいませんか?そんな方はビールや甘いものを控えていますよね?それも栄養士の指導により、節制を命ぜられた?人々です。入院患者だけではなく、外来患者への食事指導で自己管理ができるようにするのも栄養士の重要な役目です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク