研究機関の栄養士

食品の成分や栄養に関する研究に携わる栄養士もいます。
主に大学の研究室や食品関係企業で食品の成分を調べ、人体への効果的な取り入れ方や栄養・衛生についても調査したり、さらには新製品の開発などにも活躍しています。
まず大学の研究室では、基礎栄養・衛生・食品化学・臨床栄養などの専門分野に分かれ細かい研究がなされ、学会などへの発表も行います。また、国立の栄養研究所とも連携して研究を進めている大学もあり、より専門的で緻密な内容の研究にも取り組んでいます。
また、現在最も注目されているのは新製品開発の分野で、食品会社などでは近年のトレンドを取り入れ、なおかつおいしく健康的な新製品を開発することに力を入れています。開発の過程としては、市場調査から始まり食品の成分調査、コスト面でのやりくり、数え切れないほどの試作と試食を経てようやく市場に出ます。
そこで欠かせないのが栄養士の知識や情報であり、今後益々需要も増える業界であるといわれています。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク