自衛隊の栄養士

自衛隊で自衛官として働く栄養士もいます。自衛隊員として入隊し、のちに部外栄養学校へ入学、栄養士の資格を取得するパターンもあれば、はじめから自衛隊で管理栄養士を募集する場合もあります。
陸上自衛隊などでは毎食時ごと、2~3人の隊員が持ち回りで調理場に実際立ち、配膳や調理の手伝いをしている部隊もあります。
自衛隊の食事内容でまず驚くのは穀類の多さです。ごはんとうどん・ごはんとやきそばなどを同時に摂取するメニューがその一例です。体力を大いに必要とする自衛隊員の栄養バランスは平均的な成人男性それとは違い、1日の平均食費900円という予算内でまず第一に必要な3300カロリーを考慮した食事がそういったボリュームのある内容になるのでしょう。
そういった意味で自衛隊で働く栄養士に必要とされるのは、体力管理を第一に考えることであり、実際自衛官の立場にある人が最も多く栄養士として活躍しているのも事実です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク