矯正施設の栄養士

矯正施設とはいわゆる、法務省所轄の刑務所や拘置所、少年院や鑑別所などをいいますが、そこでの食事のイメージは一般的にあまりいいものではありません。
しかし施設で提供した食事しか食べることができない受刑者や被収容者にとって1日3回の食事は非常に関心の高いことで、そこで働く栄養士にとって大きな責任を感じるのは当然のことといえます。
刑務所での調理は受刑者たちが担当するため、彼らへの調理指導から衛生管理まで、社会へ復帰してからの手助けとなる礎(いしずえ)をも築いているのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク