委託と直営について

通常栄養士は病院や学校、企業に所属しその給食施設で働くのが一般的に思われています。
それぞれの所属先がその職場で働く栄養士に給与を支払うこの形態を「直営」といいます。
しかし最近では経営的な面や人材のなどの工面で大変なことが多いため、給食業務を「委託」する企業が増えています。つまり、栄養士は「委託給食会社」に所属し、そこから派遣されそれぞれの職場で働くのです。
企業などの産業施設は約9割、病院や高齢者施設の約4割がこの「委託給食会社」による運営となっており、病院などでは「直営」と「委託」の栄養士の役割を分担しているところもあるようです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク