産業栄養士の仕事

最近頻繁(ひんぱん)に話題にされている「生活習慣病」ですが、働く成人にとって最も直面している問題です。家庭での食事はもちろんですが、職場での栄養の摂り方も重要となっており、社員食堂や社員寮で働くいわゆる産業栄養士が大きな役割を果たすことになります。
しかし最も重要視されているのは企業側の要望に応えることで、コスト面での節約や社員にわかりやすいようにエネルギー量や栄養成分の表示などをサンプルに提示することを求めている企業もあります。
最近では利用者の好みが多様化していますので、決められた予算内でおいしくかつ飽きないようなメニューを工夫をしなければなりません。
例えば、ビュッフェ形式やカフェテリア形式の食堂にしたり、利用者にアンケートをとるなどで日々メニューに改善を入れるなど、精神的に満足のいく食事を提供するため栄養士の努力は尽きることはありません。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク