保健センターの栄養士の仕事

主婦や高齢者は定期的に健康診断を受けることがないので、身近な存在として保健センターがあります。そこでも栄養士は健康チェックから栄養相談、健康相談会を開催するなどの役割を担っています。
また、離乳食講習会や親子料理教室、そのほかの健康づくりのためのイベントや企画などの立案といった地域への呼びかけも栄養士の仕事となってる地域もあります。
さらに保健センターでの栄養士の役割として重要なのは、子育て支援事業です。
妊娠中の女性を対象にした母親学級から、出産後の授乳中の栄養バランス指導、離乳食の進め方や乳幼児の定期検診など、育児や子育てについて精神面からハード面まで支援しています。
まさに地域に根付いた仕事であり、その地域の特性や住民の栄養傾向などに常にアンテナを張り、地域の要望に合ったサービスを提供するという柔軟性も必要な職場でもあります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク