研究・食品関係の栄養士の仕事

最近ではよくコマーシャルなどで「特保」ということばを耳にする機会が多いと思います。これは平成3年から制度化されている「特定保健用食品」のことで、血圧やコレステロール、血糖値など健康の増進や改善に関する有効な成分を含んだ食品で、厚生大臣の認可を受けたものをいいます。
おなかの調子を整えるにはオリゴ糖や乳酸菌、虫歯にはキシリトール、など知らないうちに私たちにも知識が身についていますよね?
また偏った食事と摂っていたとしても、そこで不足している栄養素を手軽に補給できるビタミン剤やサプリメントなど、「栄養機能食品」と呼ばれるものもあります。
これらの開発には食品の成分や栄養素の機能が科学的に証明されていることが必要であり、栄養士はそのエキスパートとして資料を作成する役割にあります。
近年の健康志向や手軽で便利に健康な食品を摂りたい、といった時代のニーズに伴い、栄養士はこういった食品やサプリメントの開発・研究にも活躍の場を広げているのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク