NST内での栄養士の仕事

病院でのNST(栄養サポートチーム)では病気治療に関わる重要な存在として栄養士が業務に携わっています。
NSTの大きな役目として、患者さんに対して適切な栄養管理がなされているか栄養状態のチェックをし、それにより想定される合併症やその早期発見・治療を実現し、また療養中の栄養に関する疑問や相談にのるなどの役割があります。
これは管理栄養士の役目に限ったことではなく、NSTのメンバーがその専門性を生かし全員で栄養ケアプランを作成するのです。その中でも栄養士は患者さんの嗜好(しこう)や回復状況に合わせた栄養療法を提案するほか、患者さんや家族への食事・栄養指導、食品の紹介なども行います。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク