介護食士

「介護食士」とは平成13年にできた新しい資格です。主に介護を要する高齢者や障害者向けの食事を作ることが仕事ですが、ホームヘルパーなどに必須な技能が身に付けられる資格として注目を集めています。
高齢者が求めるサービスはまず食事に関することで、最も向上してほしいサービスであるようです。それぞれの嗜好に合わせ、また食べやすく見栄えもよい食事が好まれ、精神的にも満足する食生活を送ることが高齢者の望みともなっています。
栄養士・管理栄養士・調理師などの資格があれば1・2級の介護食士の受験が受けられますので、福祉の現場で働く人は是非取得したい資格です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク