ケアマネージャー

ケアマネージャーとは「介護支援専門員」と呼ばれ、介護士とは別の役割を持ちます。具体的な介護現場とは異なり、介護保険の利用者やその家族との相談・フォローや、要介護者に最適な介護サービスのプランを作成する役目を担っています。
2000年に「介護保険法」により定められた公的な資格ですがその役割は大きく、高齢化社会を迎えるにあたって、今後複数年にわたり計画的に介護プランを練ることは日本の社会計画にもかかわる重要なことだといえます。
栄養士の資格を持っていれば受験できますので、老人ホームなどの福祉施設や病院などで勤務する人は大いに役立つ資格です。
また、介護者への思いやりや家族との密接な繋がりが重要となりますので、信頼関係を築くこともケアマネージャーとして必要な任務だといえます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク