将来性は

人間が生まれてから死を迎えるまで「食」は必要不可欠な要素であり、その興味は尽きることがありません。健康志向は高まる一方で、高齢化社会を迎え病院や福祉施設を中心に専門的に栄養のアドバイスを必要とする人は増え続けています。
さらに病院や各施設、官公庁、学校、工場、研究所などその活躍の場は多彩で、出産や子育てで職場を離れて再就職する場合も有利なことが多いでしょう。また、国家資格として全国どこでも通用するので、一生の職業だといえます。
また昔は考えられなかった専門的な職業(フードコーディネーターやサプリメントアドバイザーなど)も現在では必要とされ、将来的には栄養士の知識を生かした専門職もさらに増える可能性も否定できません。
栄養士の未来は明るく拓けているといっていいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク