クリニカルサービスの必要性

日本ではまだ一般的ではないサービスですが、欧米諸国では現在病院などの医療機関で多く取り入れられているサービスで、主に臨床栄養士が行うものです。
病院での栄養指導は主な業務の一つですが、医師の診断に基づいて必要栄養成分が決められ献立が作られており、多くの似た症状をもった患者さんと同じ食事を提供するため、その個人に最も適した食事であるとはいえない部分があります。
今後はそれぞれの栄養状態をつぶさに観察しながら、また経過によって改善を加えながら食事の提供を行うことが必要となります。
そのためにその個人の身体測定から始まり消化・吸収の機能を観察したり、食の好みや食経歴などを調査する「クリニカルサービス」が必要とされています。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク