ファイナンシャルプランナー 4つの「E」

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会では、
ライセンス認定の「4つの柱」となる
「教育(Education)」「試験(Examination)」「経験(Experience)」「「倫理(Ethics)」
を資格取得の用件としています。
「教育」とは
教育カリキュラムを修了していることが、資格認定の基本条件です。
「試験」とは
ファイナンシャル・プランニングについて学んだ内容を、実際の業務で
活用できるかという能力を評価します。
「経験」とは
ファイナンシャルプランナーとしての任務遂行が必要です。
「倫理」とは
協会が最も重要と位置付けています。個人情報を扱うファイナンシャルプランナーにとって、
厳しい職業倫理観をもつことは、必要不可欠です。
これらの4つはファイナンシャルプランナーにとって、とても重要なことですが、
ファイナンシャルプランナーだけではなく、働く社会人にとっては誰にでも、
十分当てはまることですね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク