ファイナンシャルプランナーが心がけるポイント

ファイナンシャルプランナーが心がけるポイントとして、正確な情報収集があります。
たとえば、顧客が保険の相談に来る場合、たいていは
「昔、何かの保険に入っていた」
と不明確な情報であることが多いです。
そのような曖昧な情報ベースでは、顧客にとっての最良の提案書は作成できません。
ですから、顧客からは、証券や控えを実際に見せてもらいましょう。
顧客の細かいデータを把握したうえで、希望を聞き、始めて提案書が作れます。
次に、ファイナンシャルプランナーは、あくまで顧客の希望を実現するサポーターなので、
自分の考えを押し付けてはいけません。
同時に「この株は上がる」とか「借金を進める」などの、
根拠の無いアドバイスは慎みましょう。
また、顧客がファイナンシャルプランナーの意見を聞いてきたときに、
安易に迎合しないようにしましょう。
それは、かえって顧客のためになりません。
顧客の最善を第一に考え、プランニングしなければいけません。
様々なデータを見て、リスクやメリット、デメリットを、はっきりと伝えることが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク