ファイナンシャルプランナーに向いていない人

ファイナンシャルプランナーは、幅広いジャンルに精通していなければなりません。
そのために、常に勉強を怠らず、新しい知識を補強しなければならなのです。
知識が古いままでは、顧客にとって、最も適した提案をすることはできません。
それなのに、自己利益に目がくらみ、不勉強のまま大風呂敷を広げたままでは、
顧客の相談にきちんと対応できません。
これでは、ファイナンシャルプランナーとして失格です。
顧客にとってファイナンシャルプランナー業務は、非常に不安です。
自己資産が動いたり、見えない先を読んだりするからです。
そのため、顧客の利益が損なわれても、平気でいられる感性は、
顧客の信頼を裏切り、見捨てられてしまいます。
そうなると、業績も落ち、会社からも信用をなくします。
独立系ファイナンシャルプランナーは、そのツケが、
もろに自分自身に降りかかってきてしまいます。
会社の業績を何より優先してしまう人は、ファイナンシャルプランナー業務はできないでしょう。
小さな約束や、小額資金の取り扱いにこそ、人柄が現われるものです。
小さな約束も守れない人は、大きな約束もおろそかにします。
ファイナンシャルプランナーとしての技量、知識量、正確さ、社会的常識など、
常に失うことなく、日々勉強することが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク