ファイナンシャルプランナーに向いている人

良いファイナンシャルプランナーとは、顧客に良い感じを与える人、
顧客が心から相談できる人柄、雰囲気を持っている人だといえるでしょう。
顧客は自分の資産状況を話すわけですから、信頼感を持てることが第一条件です。
どんなに現金資産が少なくても、威圧感無く、堂々と相談できる、
そんなファイナンシャルプランナーなら、気軽に相談しやすいはずです。
その際、ファイナンシャルプランナーは自分のスタンスをはっきりと出して、
地に足がついた提案をしなければいけません。
そして、誠実であることも大切です。
顧客の話をよく聞き、問題点を明確にし、数値化する。
顧客と上手くコミュニケーションをとりながら、快適かつ
合理的に目標を達成させること。
曖昧にせず、できないことははっきり「できません」と表明する。
あやふやな態度は、顧客に対して失礼ですし、不安感を与えてしまいます。
不得意な分野には、責任を持って有能なファイナンシャルプランナーを
紹介する。それが、よいファイナンシャルプランナーの条件です。
そして、それができるファイナンシャルプランナーは、顧客からの信頼も得られ、
ファイナンシャルプランナーとして活躍できるでしょう。
自分本位ではなく、顧客第一に考えられるかどうか、ということですね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク