ファイナンシャルプランナーのライフプランニングとリタイアメントプランニング

ライフプランニングとは、日々の生活と将来の生活設計。
一方、リタイアメントプランニングとは、退職後や老後の生活設計
ということです。
ライフプランニングは、人生の中で、結婚、子供の進学、住宅購入など、
大きな節目がいつ頃の時期に発生し、どれくらいお金がかかるのかを、把握する必要があります。
収入のめどや貯蓄、ローンの金利計算なども視野に入れて、資金計画を立てます。
リタイアメントプランは、少子化・高齢化が進む中での労働人口減少によって、
経済成長に影を落とし、年金制度や退職金制度の見直しで、
今後ますますニーズが高まってくるでしょう。
ライフプランニング、リタイアメントプランニングは、
この先、一生涯関わるもので、他の全ての課目と繋がっています。
また、同じ条件の顧客でも、価値観の相違から
全く異なったアドバイスを必要とされることもあります。
ファイナンシャルプランナーとして、
顧客とのコミュニケーション能力が高いこと、
様々なケースに対応できる、広く深い知識を持つことが、重要です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク