タックスプランニングについて

タックスプランニングを学習する最大の目的は
「税負担を軽減できる選択をする」
つまり、税負担をいかに軽くできるか、ということです。
特に、金融資産運用設計、不動産運用設計、リスクと保険、相続・事業承継設計などは、
すべての分野に共通するテーマなので、ファイナンシャルプランナーとして、
当然、身に付けておかなければならない課目です。
また、税金のうち、特に所得税はプランニングのすべての面で、深く関わってきます。
贈与税、不動産登記の名義の決め方や買い替えなど、
有利な税制の生かし方のアドバイスをするにも、
タックスプランニングで学んだ知識がいかされます。
その他、住民税、消費税、固定資産税など、
日常生活に深く関わってくる身近なテーマとして、
的確にプラン提案をすることが重要になります。
国民として、税金を納めるのは当然のことですが、
小額であるほうがいいものです。
顧客の負担を少しでも軽くできるよう、多くの知識を身に付け
最適の提案ができることが望ましいですね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク