プランニングの注意点

プランニングの際には、複数の選択肢や代替案を用意しておき、
顧客の希望を聞きながら、最も適したプランを1つ決めます。
ファイナンシャルプランナーにとって、これが最適と思えるプランでも、
顧客の納得が得られず、受け入れられない場合があります。
そのような場合は、たとえ非効率的であったとしても、
顧客の考えを優先させなければいけません。
ファイナンシャルプランナーにとっては最適プランでも、
顧客にとっては必ずしも最適とは限らないのです。
ファイナンシャルプランナーは、常に顧客の身になって
プランニングを行わなければいけません。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク