ライフプランニング設計の目標設定

ライフプランニング設計を始める前に、何のために資産設計するのか、
という目的をはっきりさせてから、プランニングにはいる必要があります。
最終的に、顧客が自由に使えるお金を増やし、希望のライフプランニングに対して、
将来、金銭的に困らないだろう、と考えられるプランを提出します。
そして、顧客の将来の自己持分を増やすために、
収入・支出そして資産と負債を見積もることが必要になってきます。
たとえば、「老後の資金貯蓄」という相談があれば、
まず老後のライフプランを考え、できるだけ具体的にプランニングを
していきます。そして現状と照らし合わせ、問題点を予測、検討します。
最終的に、いつまでに、何をどう準備したらいいか、
できるだけはっきりさせる必要があります。
できるだけ細かいプランニングは顧客にも分かりやすく、
安心してもらえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク