顧客のニーズを最優先

プランニングの際、ファイナンシャルプランナーは、
多数の金融商品や不動産商品の中から、顧客のニーズに合ったものを選んで、
プランに練り込んでいきます。
その際、ファイナンシャルプランナー自身が、代理店契約や業務契約を
結んでいる会社の商品の中に、顧客のニーズに合った良いものがあれば、
それを勧めても構いませが、もし、そうでなければ、勧めてはいけません。
ファイナンシャルプランナーは、契約を結んでいる会社から、
紹介手数料を受け取ることができますが、
それを考えるより、まず第一に、顧客の利益を最優先しなければいけません。
商品選びだけでなく、どの段階でも、常に顧客最優先という考えで
ファイナンシャルプランナーとしての業務を行わなければなりません。
ファイナンシャルプランナーの考えを前面に出すことは、
絶対にしてはいけません。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク