プロセスのステップその2

「顧客データの収集と目標の明確化」
ここでは、顧客のファイナンシャル情報をしっかりと把握しておかなければいけません。
ライフデザインの部分は、面接などで直接聞かなければわかりませんが、
実際の家族状況や資産・負債情報は、フォーマットになっているシートを使います。
項目は最低でも20あります。
顧客はもちろん、ファイナンシャルプランナーにとっても大変な作業ですが、
ここでしっかりしたフォーマット作りをしておかなければ、
きちんとした提案書は作成できません。
顧客にとっては、プライベートの公開になるので、最初は多少の抵抗が
あるかもしれません。
しかし、顧客に納得してもらえる明確な提案書にするには、必要なことです。
ちきんと説明し、十分な理解を得ることが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク