ファイナンシャルプランナーの金融資産運用

金融資産運用設計は、リスクと保険、不動産運用設計と並ぶ3本柱の1つです。
大きく分類すると、貯蓄計画、投資対策、保険対策、税金対策、相続・経営上の問題解決があり、
これらを全体的に関連付け、分析をします。
金融資産運用設計は、経済の変化や金融制度、税制の改正などに応じて、
ファイナンシャルプランナーであっても、
ポートフォリオ(有価証券一覧表)の修正をするケースもあります。
しかしあくまでもライフプランをベースにしたアドバイスを行えばいいので、
投資に偏る必要はありません。
ただ、金融全体の仕組みや動向以外にも、商品の種類や特徴まで、
幅広い知識が求められます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク