金融資産運用 課目の特徴と学習ポイント

金融資産運用設計では、まず最初に、経済金融政策や景気動向、金融マーケットの仕組み、
金利や変動要因について学びます。
次に、各種金融商品である、預貯金、債券、信託、株式、投資信託、金融派生商品、
について学習します。
次に、運用のためのノウハウである、ポートフォリオ(有価証券一覧表)理論について学習します。
ここでのポートフォリオとは、リスク軽減を目的に、複数の金融商品を組み合わせ、
資産を分散して投資、運用することを意味します。
リスク回避をして資産を適切に運用するために、
債券利回りの意味や計算法、投資信託運用法などの知識が大切になり、
それぞれの課税の仕組みも正確にしっておく必要があります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク