ファイナンシャルプランナー(FP)にはどんな資格があるか

ファイナンシャルプランナー(FP)にはどんな資格があるか
「FP技能士1~3級」
ファイナンシャルプランナー(FP)の資格は、以前から
民間資格としてAFP・CFPがありましたが、
2002年に厚生労働省により「FP技能士」という国家資格が誕生しました。
ファイナンシャルプランナー(FP)の資格制度は、少々複雑でわかり辛い部分があります。
国家資格になったことで、余計にややこしくなったところは否めません。
そして、実はこの資格は、有資格者だけが名乗れる“独占資格”ですが、
医師や弁護士などのように、資格がなければ業務ができない“業務独占資格”ではありません。
ですから、「FP技能士」と名乗らなければ、無資格で業務を行っても違法にはならないのです。
しかし、顧客の大切な資金を運用するのですから、業務を依頼するのは、
きちんと資格を持ったスペシャリストに、お任せしたいものです。
★「3級FP技能士」
試験は、年に2回、1月と9月に実施されます。
勉強さえすれば、誰でも受験できます。
学生の方がこの資格を持っていれば、就職活動の際には、非常に有利です。
たとえ実際にファイナンシャルプランナー業務に就かなくても、
サラリーマンやOL、主婦の方でも、3級を学んでおけば、
プライベートでライフプランを立てるときに役立ちますし、
今後、仕事上でも、大いに活かせるチャンスはあるといえるでしょう。
★「2級FP技能士」
2級の受験資格は、誰でもできる3級と違い、
・3級FP技能検定の合格者
・FP実務経験2年以上
・AFP認定研修修了者
・金融渉外技能審査3級合格者
以上、4つの条件のうち1つを満たさなければいけません。
または
日本FP協会の認定研修を受講し、提案書を提出。
基準点をクリアすれば、受験することができます。
3級を基礎とすると、2級は応用になります。当然試験内容もレベルアップしていますから、
合格率も、3級に比べて多少低くなります。
仕事としてファイナンシャルプランナー業務を行うのであれば、
最低でも2級は取得しておきたいですね。
★「1級FP技能士」
1級FP技能士は、機関で認定が異なります。
・金融財政事情研究会(社団法人)では「資産相談業務」
・日本FP協会では「資産設計提案業務」
が認定されます。
1級の受験資格は
【学科試験】
・2級技能検定合格者で、FP業務1年以上の実務経験者
・FP業務に5年以上の実務経験者
【実技試験】
・1級学科試験の合格者
・日本FP協会のCFP認定者
・日本FP協会のCFP審査試験の合格者
1級を取得すれば、ファイナンシャルプランナーのエキスパートです。
ただし、さまざまな分野で、設計、測定、分析などが、できなければなりません。
高度な知識も必要になってきます。
当然合格率も高くはありませんし、かなりの勉強をしなければならない、難関資格です。
でも、これこそファイナンシャルプランナーのトップ資格ですから、
取得していることで、顧客との信頼関係も築け、
一流のファイナンシャルプランナーとして大いに活躍できることでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク