AFPとCFP

現在、ファイナンシャルプランナー資格には、
国家資格の「FP技能士」と民間資格の「AFP」「CFP」の3つがあります。
ここでは民間資格の「AFP」「CFP」について説明します。
「AFP」
日本FP協会が認定する日本独自の‘民間国内資格’のことです。
試験として「2級FP技能検定」があり、さらに、
協会認定の養成講座を受講して、必要な課目、単位を履修しなければなりません。
協会に正会員として登録後、資格取得ができます。
つまり、試験と認定研修の2つがクリアできで、
始めて取得できるものなのです。
さらに、登録後は2年ごとに資格更新のための受講義務があります。
一度取得してしまえば、そのままずっと保持できる国家資格の「FP技能士」と違い、
定期的に更新受講を受けることで、ファイナンシャルプランナーとしてのスキルアップ、
高い質を保つことができるという魅力があります。
AFP合格者にはファイナンシャル・プランニング技能士2級も与えられます。
「CFP」
日本FP協会が認定する‘民間国際資格’のことです。
もともとは1972年にアメリカで創設されました。
アメリカCFP資格認定委員会との業務提携で導入された国際ライセンスです。
AFP資格取得後、1年以上の実務経験とCFP資格審査試験に合格し、
日本FP協会に登録する必要があります。
もちろんAFP同様、2年ごとの更新が必要です。
FP技能は高度ですし、後進の指導をすることができます。
海外でのFP業務も可能です。
AFPより、さらにレベルアップした、CFP。
FP技能士と両方取得すれば、鬼に金棒、世界中に活躍の場が広げることができます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク