2つある団体

ファイナンシャルプランナー資格の構図がわかりにくい原因の大きな理由は、
試験実施団体が2つもあることだと思います。
1つは金財(金融財政事情研究会・きんざい))
もう1つがFP協会(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会)
です。さらに技能士という国家資格と民間の協会認定資格もあるからです。
そして技能士、AFP、CFPは別の資格になります。
試験内容もそれぞれが異なり、ますますわかりずらくなってしまいますが、
中には関連した資格となっているものもあるんですね。
金財FP2級、1級は、現在FP技能士と呼ばれる国家資格になっています。
それに対し、
日本FP協会はAFP、CFPという民間資格です。
AFPは国内のみ通用する資格にたいし、CFPは国際資格となっています。
上級を目指すことも大切ですが、自分がどういうスタンスで
ファイナンシャルプランナーとして活動していくかによって、
目指す資格が違ってきます。
自分に合った資格を把握し、学習していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク