FAの資格を取るとどうなるか

FAの資格を取るとどうなるか。
●社会人・主婦・学生
・金融の知識を身につけることで、自分の資産運用に大いに役立ちます。
・就職に有利になる他、たとえ金融業界に携わっていなくても、自らのキャリアアップに繋がります。
・金融関係のニュースは、やたらとわかりにくいものです。少しでも知識があれば、より理解しやすく、
 世の中の流れがわかります。
自らの収入がない専業主婦や学生でも、お金に関わらずに生活していくことはできません。
限りある資金だからこそ、しっかりと管理することで、節約できたり無駄に使わなくて済むよう、
気をつけることができるんですね。
●銀行、保険、証券、クレジット、金融、投資、などの金融関係のお勤め
●企業の経理、総務、財務、などのお勤め
●不動産、建設、自動車販売、貴金属などの高額商品取り扱い、などのお勤め
・昇進には絶対に有利
・お客様によりよいサ-ビスの提案ができる
・素人ではわからない細かい相談を受け付けることができる
自分のためというよりも、知識がなく、わからないお客様のための、
夢実現のお手伝いをすることができます。
顧客のための大切な人生設計に、大いに役立つことができます。
●公認会計士、税理士、社会保険労務士、司法書士、中小企業診断士、
 投資顧問業、不動産鑑定士、弁護士、宅地建物取引主任者
・ダブルで資格を持っているということで、本業とファイナンシャルプランナーとの両方からの視点で、
 判断することができますね。それによってサービスの幅がより広くなります。
・顧客にとっては、大切な資産を他人に任せるわけですから、
 なるべく信頼できるファイナンシャルプランナーにナビゲートしてもらいたいと考えます。
 知識が多ければ多いほど、安心して任せられますね。
・いろいろな角度から専門家としての知識を駆使して、評価をしてくれます。
 素人が陥りやすい落とし穴も、専門家なら見分けてくれるはず。
ファイナンシャルプランナー生活していくのに絶対に欠かせないお金。そのお金について、
「金融、資金運用の知識を深めたい」
「知識を必要としているお客様の役に立ちたい」
という考えから取得するファイナンシャルプランナー資格は、決して無駄ではなく、
良い資格だといえます。
そのため、金融には直接関係しない人たちでも、数多く受験しています。
それはファイナンシャルプランナー資格がさまざまな場面で、多方面から生かせる資格だということです。
認知度も段々上がってきています。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク