ファイナンシャルプランナーと合わせて取得したい資格その2

日本ファイナンシャルプランナーズ協会に登録している
ファイナンシャルプランナーの約1割が、他の専門資格も合わせ持っています。
そのトップが「税理士」資格です。
実は、税理士にとって、ファイナンシャル・プランニング知識は必須なのです。
現在、税理士の仕事の大半は企業の税務全般管理で、それに伴い、
社長や役員個人の税務、相続対策、事業承継のアドバイスなども増えています。
たとえば、相続対策と一言で言っても、所有している土地にアパートを建てるといった
安易な方法では、顧客は満足しません。保有している資産全体を把握し、
どういった金融商品やサービスを使って資金運用をしたらいいかなど、
本来の税理士業務を超えた、幅広い知識とアドバイスが要求されます。
こういうことからもわかるように、ファイナンシャルプランナーが税理士資格を取得し、
相続対策、事業承継を専門に扱えば、かなりのニーズがあるといえるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク