試験当日の注意点

試験当日は、まず携行品の再確認。
必要な書類や筆記用具などを忘れてしまっては、元も子もありません。
試験が受けられなければ何にもなりませんから、しつこいくらいに
確認しましょう。
試験会場には、充分な時間の余裕をもって出かけることが望ましいです。
会場につくまでの間に、何が起きるか分かりません。
交通機関の乱れなども、いつ起きるとも限りません。
そして、遅くとも試験開始時刻の30分前には、指定された教室に入り、
着席できるようにしておくと安心です。
試験会場内では、周りの雰囲気にのまれないよう、リラックスすることを
心がけましょう。必要以上に緊張することはありません。
それまでの学習の成果が十分出せるように、穏やかな気持ちで臨みましょう。
時間の許す限り、テキストや今まで学習してきたノートを見るなど、
復習するのもいいでしょう。そうすれば多少の不安感は和らぎますね。
また、それくらいの精神的余裕を持ちたいものです。
緊張しすぎては、十分な成果を出しきれなくなってしまいす。
そんな残念なことにならないよう、自信を持って臨みましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク