資格取得後の注意

AFP資格には、資格更新制度が導入されています。
これは、資格取得者に、日本FP協会が定める継続教育の義務付けで、
継続教育テストを受ける、FPフェアに参加する、2年間に15単位取得、
などがあり、2年ごとに、資格を更新させる、というシステムです。
つまり、2級FP技能検定に合格・登録した人に対して、
「期限付きでAFPライセンスを発行する」
ということです。
ファイナンシャルプランナーとして、日々変化していく金融情勢、不動産情報、
法改正などに対し、常に最新情報を知っておく必要があるのです。
そうして始めて顧客のニーズに合わせて対応できるのです。
この情報収集を怠らないためには、必要な制度だといえます。
日頃、常に学習しておくことは、ファイナンシャルプランナーとして、
顧客によりよい提案を行うための、当然の業務といえますね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク